ペニトレでペニスの外部から刺激を与える

陰茎トレーニング

陰茎トレーニングとは陰茎を増大するためのトレーニングで筋トレにも似たところがあります。

陰茎は下腹部からつながっている筋肉と臀部の方からつながるPC筋という筋肉でできています。

陰茎トレーニングというのはこれらの筋肉を鍛えて、陰茎をそそり立つように巨大化させようというのが目的です。

陰茎トレーニングの具体的な方法は陰茎をつかんでのばしたり腹筋をしたりスクワットしたりというものがあります。

これらの運動をすることにより陰茎そのものが硬く太くなり、勃起したときのギンギン具合に貢献してくれます。

毎日続けることにより着実に陰茎増大や陰茎の勃起力のパワーアップに貢献できるのでぜひ続けてみてください。

陰茎増大マッサージ

陰茎を大きくするためのマッサージというものもあります。ジェルキングという方法でジェルなどを使って陰茎を丹念にマッサージすることにより陰茎への血流量が増大して陰茎増大に導くというものです。

ジェルキングの具体的な方法としては以下のようになります。まず陰茎を蒸しタオルで温めます。次に陰茎を勃起状態にして、人差し指と親指で輪っかを作るようにしてジェルを使って根元から亀頭側に向かってスライドしていきます。

ポイントしてはスライドするときに根元から血流を流し込むようなイメージで亀頭に向けてスライドしていきます。

陰茎増大クリーム

陰茎を増大するためには増大クリームというジェルが売られています。

普通のローションとは違って陰茎への血流を改善する成分が配合されているといわれています。

増大クリームの効果は塗った瞬間に陰茎がすぐにあたたかくなってきます。

この陰茎増大クリームは先ほどの陰茎増大マッサージと同時にやることにより陰茎への血流効果を発揮してくれること間違いなしでしょう。

メンズサプリを使ってみる

メンズサプリには欠かせないシトルリンやアルギニンなどという成分が贅沢に配合されています。

特にシトルリンとアルギニンは普段の食生活で摂取することがしにくいといわれているので、メンズサプリなどを使って積極的に取り入れたいものです。

シトルリンとアルギニンをメンズサプリで効率的にたくさん摂取することにより、男の勇気が湧いてきます!

男のみなぎる活力のためにはトレーニングだったり増大器具だったりいろいろなものがありますが、メンズサプリが一番コスパがいいと思います。

男の活力に外部から刺激を与える

男の自信を大きくしたいのであれば、ペニトレとメンズサプリを同時に使うことがおすすめです。

ペニストレーニングなどの外部の刺激に対して、ペニス成長に必要な栄養素が体内に満たされていれば、みなぎる男の自信につながらないでしょう。

メンズサプリは体内から男の自信を促進するために作られていますが、ペニストレーニングや増大器具というのは外部からの圧力をかける目的があります。

男の自信を確実なものにするなら、外部からの刺激と内部からの刺激のダブルで目指しましょう。

ミルキングのやり方

ミルキングというのはその名前の通り乳搾りのような要領で男の自信を大きくしていくトレーニングです。

ミルキングに期待できる効果はペニスへの血流促進効果により亀頭の増大です。

ミルキングの手順はまずペニスを半勃起状態にします。次に、ペニスを根元から指全体をつかって絞るようにしていきます。

小指から根元から順に握っていくことにより、ペニスの先である亀頭の先端まで血流を促進することができます。

亀頭の先端部分まで血流を促進することにより、亀頭の大きさアップにも貢献することができますし、竿全体の増大効果も期待できます。

亀頭が小さくて悩んでいる人にはこのミルキングが一番おすすめのペニストレーニングになります。

ジェルキングって何?

ジェルキングというのはローションやジェルなどをつかって、ペニスの竿全体に圧力をかけていく方法です。

ジェルキングに期待できる効果はペニスを長くしたり、ペニスの血流を促進したりする効果があります。

ジェルキングの手順を解説すると、まずペニスを半勃起状態にしてローションを塗ります。そしたら親指と人差し指でつくった輪っかでペニスの根元からカリまで往復運動をします。

ジェルキングというのは増大器具で言うところの真空ポンプに値しますね。ペニスというのは根底部は体の内部にうもれているので、その部分をそとに引っ張り出すイメージでやるといいと思います。

体内に沈んでいる竿の部分を引っ張り出すペニストレーニングがジェルキングです。つまり、ペニスが短くて悩んでいる人にはうってつけといってもいいでしょう。

ジェルキングにもミルキングと同じく血流促進効果を期待できます。

増大器具のメリット、デメリット

男性であれば人生で一度はペニスサイズを大きくしたいとか、平均と比べてどれくらいなのかと気になったことがあると思います。

ペニスを定規ではかったり、メジャーで太さを測ったり、温泉などで他人のペニスと比べてみたりしたひとは多いのではないでしょうか。

自分のペニスが大きくて自信があれば問題ありませんが、小さかったりしたらずっと気になってしまうのではないでしょうか。それが原因で性生活に消極的になったり女性とのワンナイトを誘いにくくなったりということもあるのではないでしょうか。

そして、男の自信を大きくしたいと思っても、何をすればいいのかわからないという人がほとんどだと思います。

ペニスの大きさにコンプレックスを抱いている人のために、どうすれば一番効果が高い増大方法を実践できるのかを解説していきたいと思います。

主にあげられるのがメンズサプリ、増大器具、増大手術です。

増大手術とは

ペニスサイズの増大はしたいけど、手術をしたり高額な費用をかけたり、自分の体を木津付けてまで増大をしたいとは思わないと思いますが、実際に増大手術とはどれくらい増大できて、どれくらい費用がかかるのでしょうか。

増大手術にはどういうメリットやデメリットがあるのか解説していきたいと思います。

増大手術というのは一概にペニス全体を大きくするわけではなくて、太さだったり、長さだったり、亀頭だけだったりというジャンルがあります。

ペニスの靱帯を手前に引き出して長くしたり、ペニスにヒアルロン酸などを注入して太さをアップしたりという手術があります。

すべてに共通していえることは、確実にペニスの増大ができるということです。手術の内容によっては差がありますが、最低でも数センチは大きくすることができます。

増大手術自体もヒアルロン酸を注入したりするだけなので、すぐ終わることができますし、入院の必要もありません。

上記がメリットになります。次にデメリットですが、手術には保険が適用されませんので費用がとても高くなります。

簡単な手術であれば数万円のものもありますが、メスを入れるような手術であれば数十万円単位でかかってしまいます。

また、麻酔が切れてから痛みや腫れなどがでることもあるので、術後はしばらくセックスやオナニーができません。

他にも医師の腕によっては手術のあとが残ってしまうこともあります。他には、勃起したときのペニスサイズに影響を与えないというデメリットもあります。

せっかく手術をして、痛みにも耐えたのに、勃起したサイズが変わらなかった何のために手術をしたのかわかりませんよね。

これから手術を検討しているという人は、上記のようなメリットとデメリットがあることをしっかりわかった上で手術をしましょう。

増大器具をつかった増大

器具には大まかに分けて牽引タイプとポンプタイプの二つがあります。

ポンプタイプは勃起したペニスに取り付けて、ひっぱる圧力をかけることにより、ペニス全体の細胞を大きくすることができるという代物です。

もう一つの牽引タイプはペニスを引っ張って付加をかけることにより、ペニスの竿自体を引き延ばすというものです。

これらの器具のメリットは実際に物理的に圧力をかけることにより、ペニスの細胞を大きくするので、実感しやすいというメリットがあります。

実際にすぐに何らかの実感を得ることができれば、モチベーションが維持できると思います。

ポンプタイプの唯一のデメリットは短時間で圧力をかけることにより、ペニスの細胞に高負荷をかけてしまうことでしょう。

他には、毎日30分以上使い続ける必要があるので、どうしてもめんどくささがでてきてしまうと思います。

牽引タイプのデメリットは装着している時間が長いというものあります。4時間以上は使い続ける必要があります。

睡眠中に装着していると寝返りをしたときなどに外れてしまったりすることがあるので、睡眠中に付けるのは辞めておきましょう。

つまり、起きているときはほぼ牽引タイプの増大器具を装着しておくことが必要になります。男の自信器具の購入を考えている人は安いものを使わないようにすることも大切です。

あまりにも安い器具だとただ痛い思いをするだけで終わることもあるので、購入するときは注意が必要です。

メンズサプリのメリットとは

メンズサプリのメリットは飲み続けるだけでいいので手軽に使い続けることができます。

メンズサプリに配合されている成分は男の自信を取り戻したり健康増進効果や滋養強壮成分が盛りだくさんに配合されています。

科学的に解明されている男の自信のメカニズムから、本当に男の自信をたぎらせる成分をたくさん配合されているのです。

用法用量をまもって、飲み過ぎたりしなければ、薬のような副作用の危険性もなく、安心して男の自信を期待できます。

商品によっては、GMP工場で製造されているので、原材料や製造工程においても安全性が高いといえるでしょう。